本文へ移動

家づくりブログ

ブログ

パッシブデザインで創り出す、ミライ基準の住宅

2021-10-05

こんにちは。アイフルホーム鳥取店です。

今回は先日、鳥取市安長にオープンしたモデルハウスを前回とは別の視点からご紹介しようと思います。

一番の特長は、【パッシブデザインを採用した高性能なエコハウス】だということ。「パッシブデザイン」とは私たちが近年、力を入れている設計手法のひとつであり、夏と冬に適合した綿密な設計と構造、自然に合わせた高機能設計により、より少ない熱源でオールシーズン快適に過ごすことができます。光熱費もぐんと抑えられる、まさに夢の省エネ住宅です。ご来館いただいたお客様は大抵「え、空調は家庭用エアコン1台なんですか!」と驚かれます。


ほかにも、付加断熱やトリプルガラス、建物の方位、窓の大きさにもこだわっていて、鳥取県東部であればどこでも快適な温熱環境が保たれる仕様になっています。

あと数年もすれば、新築住宅にも省エネ基準の適合が義務付けられることは確実であり、住宅の省エネ化・脱炭素化は日々着実に進んでいます。今はまだ聞きなれない「パッシブデザイン」というワードも、10年後には必要不可欠な住宅性能となっているかもしれません。

そんな風に私たちは、来るべき時代を見据えた、まさに「ミライ基準」の家づくりに取り組んでいます。「ミライ基準」とは省エネ・脱炭素化を追求したエコハウス住宅を差しますが、もちろん、ただ地球にやさしいだけではありません。安全性、機能性、快適性についても高水準のものをご提供することで、住む人の安心・安全、そして心豊かな暮らしの実現をめざすものです。

10年後にも「アイフルホーム鳥取さんに頼んでよかった」「パッシブデザインを勧めてもらってよかった」と感じていただけるよう、それぞれのご家族さまに寄り添ってご提案していきます。私たちの想いの詰まった安長モデルハウスをぜひ一度、ご体感くださいね。


家事ラク間取りに住みたい!

2021-09-30
こんにちは。アイフルホーム鳥取店です。

私たちのお客様の多くが子育て世代。
家事に育児に仕事に、ご夫婦そろってお忙しいので、「時短」や「効率」を大事にされている印象があります。

そんな皆様におすすめなのが、家事ラク動線です^^


要するに、動線が計算づくで、おのずと家事効率が上がる間取り、のことです。

家事にかかる労力って想像以上に負担が大きいものです。
それが週に一度ではなく、毎日ともなると、少しでも効率よく手際よく行いたいと考えるのは当然。
家事効率が上がって時短になれば、趣味やくつろぎの時間を増やすことができますからね。

例えば、キッチンと洗面台や脱衣室との動線をスムーズにすることで、調理の合間に洗濯、お風呂掃除はもちろん、広めの脱衣室やドライルームを設けておけば、そのまま干すこともできます。

さらにファミリークローゼットを1Fに設けることで、「洗う→干す→たたむ→しまう」を1ヶ所で完結できるような間取りも可能。
他にもダイニングテーブルをキッチンの向かいではなく、横に配置することで配膳や片付けが楽になることも。

これからおうちづくりを考えているみなさん、ぜひ私たちと一緒に「家事ラク」な暮らしを実現しましょう!^^ 



高気密・高断熱住宅で満足度アップ!

2021-09-28
こんにちは。アイフルホーム鳥取店です。

私たちは、お客様と一緒に理想の家づくりをさせていただいていますが
実は「家を建ててから」が長いお付き合いの始まり。

今回はそんなお施主様の一人、M様にお話をうかがいました!


-------------------------------
アイフルホーム鳥取店(以下ア):
M様、よろしくお願いいたします。
以前のお住まいと比べて、いかがでしょうか。

M様:

以前は冬場にトイレに行くのが寒くてギリギリまで我慢していましたが、この家 に住みはじめてからは面倒だと思わなくなりましたね。 家の中の温度差がほとんど無いからだと思います。友達が遊びに来ても、玄関に入っただけで「暖かいね」って言われるぐらいなので。

ア:

それは、なによりです! 
M様は冷え性でお悩みでしたからね。暮らし始めて、体調に変化などは感じていらっしゃいますか。

M様:

以前は靴下を履いて寝るのが当たり前でしたが、今はもう履いていません。以前の感覚のまま服を着込んで寝てしまった事があるのですが、暑くて目が覚めてしまいました(笑)

ア:

高気密・高断熱住宅ならでは、ですよね。
他にも、気に入っている点や、高気密・高断熱住宅にしてよかったなと思われる点があれば教えてください。

M様:

とにかく光熱費が安いこと。高気密・高断熱住宅って、こんなに電気代が安いのか!って驚いています。初期費用をかけても高気密・高断熱住宅にしてよかったと思っています。太陽光発電システムも設置したのですが、電力モニターがあって、少ない電力で家中の温度管理が行われているのが実際に見て分かるのもよかった。窓をトリプルガラスにしたおかげなのか、外の音も気にならないです。よく陽が当たるリビングの夏場でも遮断効果が高いからなのか、暑くないんです。冷房効果も高いと感じています。

ア:
貴重なご意見をいただき、ありがとうございました!
-------------------------------

M様ありがとうございました。

今後も定期的にお施主様の声をご紹介しますのでお楽しみに^^

家族にも家計にも地球にも“優しい”お話

2021-09-23
こんにちは。アイフルホーム鳥取店です。

今回は、私たちの家づくりの特長の1つ「高気密・高断熱」のメリットをより強くご実感いただける住宅性能をご紹介します。

それが「太陽光発電」です。

これまでにも「高気密・高断熱住宅」の魅力は何度もご紹介していますが、太陽光発電システムを搭載することで、持ち前のメリットをより強く感じていただくことが可能になります。

例えば、「高気密・高断熱住宅」といえば、冬場もたった1台の家庭用エアコンで弊社のモデルハウスを1棟まるごと暖めることができるほどの高い気密性・断熱性が特長。言い換えれば、消費電力が少なくて済む、非常にエコロジーかつエコノミーな住まいだということ。実際に高気密・高断熱住宅を建てたお客様にうかがうと「月々の電気料金が安くなった」と実感されているご様子。さらに、太陽光発電システムを掛け合わせると、そもそも電力消費が少ないうえに、組み合わせ次第では発電・蓄電・売電ができるようになるので、「電気代で悩まない暮らし」も夢ではありません^^

太陽光発電といえば、ひと昔前なら初期費用がかかるイメージでしたが、年々、性能は向上するにもかかわらず価格は落ち着いてきました。世の中の動きとしても、低炭素社会の実現に向けて国を挙げてさまざまな取り組みが行われていますので、「家庭でできる環境対策」として検討してみる価値はありそう。
太陽光発電システムの話題から、再生可能エネルギーについてお子さまと話してみるのも、環境問題へ興味・関心を持つ良いきっかけにもなるでしょう。

家族や家計だけでなく、地球の未来も考える。そんな優しい暮らしのご提案でした!




自宅で楽しむ秋の風物詩

2021-09-21
こんにちは。アイフルホーム鳥取店です。

日に日に、夏の強い日差しがやわらぎ、過ごしやすさを感じる今日この頃。
空がどんどん高くなり、空気が澄んできたような気もします。

早いもので、今日は「中秋の名月」。

暦の上では秋ですから、季節の変化を肌で感じられるのも当然かもしれませんね。

「中秋の名月」とは旧暦8月15日の十五夜にお月見をする風習のこと。
旧暦については…ググってみてくださいね(笑)。

旧暦では7月8月9月を「秋」とし、ちょうど真ん中に当たる8月15日を中秋、その晩に出る月のこと「中秋の月」と呼びました。
今年は今日が「中秋の名月」でちょうど満月に当たりますので、ぜひご家族で、お月様がきれいに見える庭先やベランダに秋の収穫物を供えて、昔の人にならって五穀豊穣を祝ってみてはいかがでしょうか。

お供え物の代表格は、お月見団子とススキ。
お住まいの地域によって団子の形はバラバラで、あんこもちだったり、串にささっていたり。
秋の七草を飾るのが習わしなので、ススキのほかにはクズ、ナデシコ、オミナエシ、フジバカマ、キキョウ、ハギを飾っても大丈夫。里芋や栗、柿などの秋の果物をお供えするものいいですね。

リビングにつながるウッドデッキ(アウトドアリビング、テラスリビング)から、ちょうど月が見渡せたら最高ですよね。
家族で独り占めするのも良いですが、親しい方をお招きして、お月見パーティを楽しむのもグッド。それぞれのご家族にぴったりの秋の夜長の楽しみ方を見つけてみてくださいね!


2021年10月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
※水曜日は定休日です
株式会社エール
〒680-0942
鳥取県鳥取市湖山町東4丁目24
TEL.0857-38-9161
FAX.0857-31-1666

◆建設業許可番号
鳥取県知事(般-28)第5273号
◆宅地建物取引業免許証番号
鳥取県知事(5)第1109号
◆中国地区
 不動産公正取引協議会会員
◆鳥取県宅地建物取引業協会会員

木造注文住宅・建売・分譲地

 
TOPへ戻る