アイフルホーム鳥取店

鳥取で新築注文住宅を建てるならアイフルホーム鳥取店
|一戸建|工務店|不動産|分譲地|高気密高断熱|

トップページ > ブログ > 高気密高断熱住宅は、梅雨こそエアコンを上手に活用

BLOGブログ

家づくりブログ

2024-06-07

高気密高断熱住宅は、梅雨こそエアコンを上手に活用

こんにちは。アイフルホーム鳥取店です。

 

5月下旬に沖縄や奄美が梅雨に入りました。

鳥取県もいよいよ梅雨入りしそうな雰囲気ですね。

 

毎年この時期になると、家の中にいても

「歩くと、足やスリッパの裏がなんだかペトペトする」

「気が付いたら、窓やサッシに結露が出ていて拭くのが大変」

というように、屋内の湿気に関するお悩みをよくお聞きします。

 

アイフルホームが推奨している高気密高断熱住宅ですが

「高気密だと屋内の湿気が逃げない分、中に溜まるのでは?」と

疑問に思う方から時々質問されることがあります。

 

実はそれ、まったく逆なんです!

 

 

□高気密+24時間換気システムの最強タッグ

 

24時間換気システムを導入している高気密高断熱の家は

窓を閉めたままでも常に給気と排気を行っており

屋内の空気を循環する仕組みになっています。

 

そのため、窓を閉め切ったままでも家の中の汚れた空気や臭いはもちろん

湿気も効率的に排出してくれるため、湿気が屋内に溜まることはありません!

 

気密性が高いほど、効率よく換気システムが働くため

屋内は快適な湿度に保たれやすいのです。

 

 

しかし、ごくたま〜にではあるのですが

「電気代が上がり続けているのに、24時間つけっぱなしなんて!」

という節約心から、24時間換気システムのスイッチをオフにしてしまう方が…。

 

実はこのスイッチ、切ってしまうと健康にもお財布にも影響があります。

 

 

24時間換気システムのこと

 

 

2003年に施行された「シックハウス法」は

人体に有害とされる化学物質などを外に逃がすため

建物内の空気を2時間に1回以上(1時間に0.5回以上)

外の空気と入れ替えることを義務付けた法律です。

 

そのため、気密性が高いお家ほど、外の空気の影響を受けにくいため

法律に則って強制的に換気を促すのが24時間換気システムなのです。

 

この換気ができないと、空気と一緒に室内の湿気も入れ替わらないので

湿気が多い季節や暖房器具を使う季節は、室内に結露が発生するリスクが高まります。

結露によるカビの被害は、建具やクロスの買い替えが発生するのはもちろん

衛生面や呼吸器系などの健康被害も心配されます。

 

□エアコンで効率の良い除湿が可能=節約にも!

 

湿気の影響を受けにくい高気密高断熱住宅ですが

それでも湿度が高いと感じる日は、除湿器や

エアコンの除湿機能をぜひ活用してみてください。

 

その場合も、高気密高断熱住宅であれば

最低限の運転で効果があるため(エアコン1台で家中OKな場合も!)

電気代の節約につながります。

 

お家の性能を最大限に発揮するためにも、24時間換気システムや

エアコンの除湿機能などを正しく・効果的に使って

ジメジメした梅雨を乗り切りましょう^^

 

こちらの記事もおすすめ

  • オンライン相談窓口開設しました!
  • 無料資料請求!